HIROSEN 広島船舶装備のトップページに戻ります
HOME > 工事実績 > 船舶内装

船舶内装工事の一例をご紹介します。

操舵室 その1

コクピットに設置する家具は、計器から出る沢山の配線を効率よく収納する必要があり、特にシビアな寸法設計が求められます。



操舵室 その2

家具には多くの計器類が取り付きます。収納性能はもちろんのこと、内部に張り巡らされる配線の取り扱いの良さも家具性能の一つと考えます。



通路

各部屋をつなぐ通路は、客船を想わせるたたずまいを演出します。



船員室 その1

鋼板を主材とする船内にもワンポイントで各所に木工製品を配置することで、温かみのある空間を演出することが出来ます。



船員室 その2

長旅の疲れを癒す船員室には、木目を基調とした演出が施され、また狭い空間を有効に活用する最良のアイデアが凝縮されています。



船員室 その3

船員室の製作は、畳を敷き詰めた和室からヘルメットなどの小物置場に至るまで、木工製品のほとんどを網羅します。

製品案内 会社概要 採用情報 技術紹介 工事実績 お問い合わせ
Copyright(c)2007 HiroshimaSenpakuSoubi Corporation All Rights Reserved.